忍者ブログ
Institute of Foreign Residents Education In Japan・전국재일외국인 교육연구소
自動翻訳 ・ Translation
当HPを機械翻訳。 기계번역 해 표시합니다. We use Excite for the translation.→We take no responsibility for the accuracy of the translation.
研究所サイト内検索
研究所サイトに書かれた、テキストが検索できます。
カウンター
2009.5.8 仮運用開始以後                   →         ↓          
      ===========
教材用写真集(準備中)
教材用写真集に掲載できるデータを収集中です。どんどんお寄せください。
工事中(お待ちください)
非公開
教材用画像集完成後、閲覧用パスワードを配布予定。
携帯用バーコード(試用)
携帯電話用のURLを読み取り利用してください。資料の形が崩れるときは、連絡してください。
{調査結果その3} 在日外国人の子どもの本名(民族名)使用率 

*京都市教委調査資料
19782007年)
 ・韓国籍,朝鮮籍で本名(民族名)を使っている児童生徒の割合

 
本名(民族名)
の呼び方
1978
 
1990()
1988(中)
1998
 
2007
 

 小学校
  母語読み
  日本語読み
0.5%
2.2%
2.8%
6.8%
6.5%
7.0%
8.6%
12.5%

中学校 
 
母語読み

日本語読み
0.0%
2.9%
1.0%
3.8%
5.3%
4.9%
7.8%
9.9%
       [小学生608名、中学生374名 2007年度]
 
学校で本名(民族名)を使っている児童生徒の割合[上の表以外の2007年調査結果]
 
日本国籍をもつ在日韓国・朝鮮人児童生徒 の民族名使用率                                     
  小学校では448 人の中で37 人(8.2%),中学校では119 人の中で2 人(1.7%)
 が民族名を使用している。
 
中国籍児童生徒の本名(民族名)使用率

        中国籍児童生徒164 人の中で,学校で使っている名前については,中国語読み
26 人(15.9),日本語読みが66 人(40.2%),日本名が72 人(43.9%)であり,半数
近くが日本名を使っていることがわかる。
 
・中国にルーツを持つ児童生徒の民族名使用率

           中国にルーツをもつ児童生徒210 人の中では,中国語読みはなく(0.0),日本
語読み30 人(14.3),日本名が180 人(85.7%)である。
 
・フィリピン籍児童生徒の民族名使用率
  
   フィリピン籍児童生徒25 人の中で,学校で使っている名前については,母語読み
 が5人(20.0%)日本語読みが1人(4.0%),ダブルネームが5人(20.0%),日本名が
 13 人(52.0%)である。
 
 ・フィリピンにルーツをもつ児童生徒の民族名使用率 

         
フィリピンにルーツをもつ児童生徒145 人(小学校93人・中学校51人)の中でフィ
  リピンにちなむ名前を使用しているのは小学校で17人(18.3)中学校で4人(7.9%)
 であり、8割以上は日本名を使っている。
  

「外国籍及び外国にルーツをもつ児童生徒に関する実態調査のまとめ」
より、抜粋引用

                                    調査結果2へ戻る
PR
Copyright © 2008 全国在日外国人教育研究所 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS